梅干しそわそわ

梅雨明けの土用期間中に三日連続で天日干しにするのが梅干し作りのハイライトです。ザルや網に並べられた手塩にかけた梅たちが、お日様に当たって日毎にふっくらふっくらしていくのは作る喜びに満たされる嬉しい時間です。ただし連続三日の晴天が読めません。先の連休に干しておけばよかったかなと悔やまれます。でも昨日は昼に降ったし、黒雲の気配がチラホラで、なかなか決め手がないのです。まだ自分の中で、梅干しへの直感が育ってないことが身にしみますよ。還暦を迎えるころには「亀ババ天気予報」で迷いなしの干し物作りがしたいものです。どうも予防に走りがちな今時の天気予報とは違う、ズバッと格言的天気予報ができることが目標です。農家に欠かせない暦作り、毎年の経験と知識を総動員して、堂々構えるようになれるかな。

まだかな、まだかな、明日かな。未熟な私と梅たちは、ちっとも腹が座らずそわそわしてます。

そうそう娘たちの学校も金曜日からは夏休みです。今は二学期制ということで、一学期終了とも言わないし、通信簿もないままなんだかズルズルと長期休みになってしまうかんじです。まあシュタイナー学校ではもともと成績を付ける通信簿はないし、あの冷たく並んだ数字に何か価値があるのかといえば、何もない気がします。ビクビクしながら渡されたらついお小言したくもなるけれど、そんな時間と気持ちの負担が省かれるのは大賛成です。

給食は今日で終わりなので、私は早々と仕事納めですよ。あー、こんなことでは夏の出費をとても乗り切れないっ、との不安を別にすれば、自由な時間がたっぷり広がっているように見える未来は眩しくて好きです。今しかない自由時間に責任もって臨めばいい。そんな強い楽観を持っていたいものですね。

0回の閲覧

050-7107-7847

©2020 by 亀成園。Wix.com で作成されました。