春の香肌横丁マルシェのお知らせ

更新日:3月11日

朝晩はまだ寒さにプルルとする香肌峡ですが、日に日に暖かさを感じる時間が長くなってきました。一番下の娘は保育園から帰るや否や、裸足で駆けています。春が来てますね。またワラビ探しやツクシ採りに追われるのが楽しみです。


さてさて、今月前半は静かだったのに、後半の週末ゲストハウス宿泊はいつの間にやら埋まってしまった亀成園!集客にあえいでいた冬との違いにこちらがびっくりですが、いい兆しです。丁寧で気さくが亀成園の一番の売りですが、ご宿泊や体験は一組ずつしかお迎えできないし、ふらっと寄ってもらってできることがまだ少ないのでやっぱり伸び悩むわけですが、色々な人にお会いできるいいお知らせがきましたよ。体験ではなくて卵の対面販売だけですけどね。


秋にも開催された、山里のほっこりマルシェ。三重県の蔓延防止が長引いて、もう春も自粛自粛を強いられるかと思っていたら、ひょっこり空けると決まった途端、すぐの企画・開催となり、お知らせがきたのでササっと申し込みました。行動すると楽しいですからね。


亀成園は、3/21に卵のみのこぢんまりとした販売になりますが、この春分の日はなんだったか開運日のようです。出店は亀成園母のみでいきますので、開催地から20分上流の亀成園で鶏ふれあい体験も合わせて可能ですよ。畑体験はこの時期、収穫は寂しいです。そんなときどうしているかの話など聞きたい方は尋ねてみてもらってもいいですが。この日は夕陽に特に力があるそうなので、午後遅めににわとり抱っこを楽しみ、片付けモードのマルシェに顔を出して、お話ししているうちに夕陽!ってことになったら最高に良さそうです。


マルシェでちょっとしたワークショップなんかもできたらいいのですが、機会があるたびに自分の持てるものの少なさを感じますね。私としてはお出かけが解禁された心地よい春の日に、いろいろな人がウキウキとマルシェを楽しまれる姿を眺める位置にいるだけで幸せになれるのですが、もっと提供できるものがあったらもっと喜んでもらえるなぁと思うようにもなりました。商売人としてゆっくり一歩一歩上がっていますね。


亀の歩みで細く長くを目指す亀成園。未来を見据えて少しずつ成長していきます。あっさり美味しい春の卵、たくさん持って行きますので遊びに来て下さいね。でも20日のほうがマルシェとしては楽しいかも。うん、まあお天気やご都合と相談して、情報チェックチェック!

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示