守れ守れ大事なもの

ずっとくすぶっていた台風5号がとうとう猛威を振るいました。もうすぐ膨らむトウモロコシがなぎ倒され、順調に綺麗な花を咲かせていたゴマも倒れ、なんだか驚異的な様子でした。うちはまだ商業用の作物はないので、後からくる痛みは少なそうかなと考えられるものの、せっかく花や実を付けていた作物が被害を受けるのはたまらない辛さがありますね。もし商品としてトウモロコシを大規模に育てていたらと想像すると、どこの作物も他人事ではありません。

とはいえ当座の心配はやはり生き物たちでした。なんせ朝の苦手な私が犬と鶏が心配でその朝はムクッと起き上がってしまったのですから。 番犬はこんな時まで外を守る必要もないので、初めて屋内に入れられましたよ。建増しした半分外のようなスペースにダンボールを敷いてあげたら、ダンボールをかじり出し、やれやれですが、ひとまず安全になってホッとしました。ストレス解消のために穴の空いた私の草履をあげました。ちょっとは安心した様子で愛らしいです。この場所が浸水しないように全力を尽くさねば。雨どいの流れを全部チェックしてしまいました。

鶏たち10羽はいつも3箇所に分かれています。それぞれ雨風が吹き込みすぎないか、倒される危険はないか、機嫌よく過ごしているかなど気懸りは尽きません。風にさらされない所に移動させたら下がすぐ水浸しになってしまい慌てて避難させたり、即席屋根の重しが足りず落ちてすぐ直したり、外の生き物がいつも穏やかに過ごせていられる幸せを改めて思い知ります。

お隣の稲がどんどん傾いていたのにもドキドキでした。まだそれ程重くはないのでダメになってしまうことはないと信じたいところですが、当事者でないのでなんとも言えませんね。栗もぼたぼたと緑の実が落ちてしまい、各地でそんなことはあったでしょうね。 日本の農業と台風は切っても切れない関係にあります。圧倒的なパワーの分、後に強い生命力を残してくれるはずですが、一時の脅威にやられてしまいませんように。農家皆が無事に乗り切れたことを微力に祈ります。

一夜明けた濁流が私はわりと好きです。

0回の閲覧

050-7107-7847

©2020 by 亀成園。Wix.com で作成されました。