古民家での冬の過ごし方

渓谷地域の旅といえば、春や秋のハイキングか、夏の川遊びが圧倒的に人気があります。旅の目的が屋外を楽しむことならそうなりますね。泊まる場所は目的地と近いところで、伸び伸び出来たら尚よしということで、亀成園はやはり晴れたときの過ごしやすい季節に選ばれます。春以降を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。


さてでも今は冬。まだしばらくは冬が続きます。キャンプ場は最近、冬も虫がいないということと、焚火の需要もあって人気が上がっていますね。それで古民家での冬の過ごし方はをいうと、まだあまり考えておりませんでした。薪ストーブ付いただけで満足していましたね。きちんとストーリーを作ることを課していきますね。



冬の古民家の過ごし方として挙げられるのはまず、空気の澄んだほとんど何もない空間で静かに過ごす贅沢体験です。寒さ対策さえすれば、瞑想や集中して仕事を進めるのに最適空間になります。ここぞという時の為に自己を見つめるために、静かな広い空間で集中することは、これからを生きていくのに誰もに必要なことになってくる気がします。

そういえば亀成園は、三重県のワ―ケーションサイトにも登録してもらっていますよ。まだワ―ケーションとして宿泊に来られた方はおらず、空いているときに家人がオンライン会議などに使うばかりですが、わりと快適に使えています。古民家でワ―ケーションって動作環境どうなのか不安になるかもしれませんが、その安全さえ伝われば需要ありますかね。


瞑想とワ―ケーション、自分の為の時間を確保することの他、こちらで提供できるネタとしては

・薪ストーブ付け方レクチャー

・糸掛け曼荼羅体験

・薬草茶と卵料理体験

などがあります。薪ストーブに興味がある方、事前にご連絡頂ければ昼間の体験もアテンドできますし、薪割と組み合わせて暖房の自給への一歩にしてもらってもいいです。


糸掛け体験してみたい方、薬草茶で心身の美容に磨きをかけたい方、古民家の台所を試してみたい方、貸しスペースとして小さなワークショップをされたい方、それとも亀成園の暮らし方などについて話をしてみたい方なども。


時間のある冬にできること、結構沢山ありますね。

まだ何ができて何ができないか絞れていない期間なので、こんなことしてみたいというアイデアがあれば是非お問合せ下さいね。楽しみを一緒に作っていきましょう。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示