top of page

お彼岸過ぎ、秋の香肌です

まだ夏日の昼間が続きますが、風景はどんどん秋めいています。

清流地域である香肌峡に人が集まるのは夏ですが、住民にとって満足度が高い季節は秋です。寒暖差が激しいからこそ色鮮やかな紅葉は、春よりも更に浮足立ってしまう季節です。

味覚が充実していることも相まって、秋の香肌は最高なのですよ。

例年はお彼岸の数日で一気に咲いて散っていく彼岸花が、今年はなんだか長いです。

季節の変化に対応し切れないのは植物も同じかな。ちょっとしたところで仲間意識を感じるのを小さな楽しみにしています。


私の哲学道と勝手に呼ぶお散歩コースもこれからどんどん秋の美しさでいっぱいになります。

モミジにフウの木にイチョウ

それぞれの彩りを楽しみつつ、黄色好きな私はイチョウの活躍を推すのです。

毎日この道を歩いていましたのに、だんだん愛犬が付き合ってくれなくなって物足りないこの頃です。

お客様が付き合ってくれたら嬉しいなぁと妄想を膨らませながら、犬を引っ張っていますよ。


ゲストハウス亀成園は古民家一棟貸しの台所付き宿で、犬連れ大歓迎です。近くにわんわんパラダイスがあり、ドッグランも申し込める環境です。

カヌーを楽しむ犬も増えているらしく、登山同行の犬もいるようですよ。

豊かな自然は開かれています。

犬も子供も、わいわいもしっぽりも。

秋もまた沢山の素敵な人々に出会えることを楽しみにしています。








閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page